わさびラボ便り

アートナビゲーター/カラーコーディネーターです。
美術史・色彩講座の講師をしています。
大阪市立自然史博物館「石は地球のワンダー」
0

    アートナビゲーター・カラーコーディネーターの

    小林佳子です。

    4月21日(金)、大阪市立自然史博物館の

    「石は地球のワンダー」展の内覧会に行ってまいりました。

     

     

    二人のコレクターによる鉱物と化石のコレクション、

    日本地質学会により選定された「47都道府県の石」が

    展示されています。

     

    鉱物コーナーでは、想像もできないような不思議な形や

    美しい色の石たちに出会えます。

    一番奇抜で印象に残ったのがこの「オーケン石」です。

    黄色い部分は本当にひよこの羽毛のように見えるのですが、

    石なのです。実際に柔らかくしなるのだそうです。

    触ってみたい!

     

    そして、この展覧会に行く前から楽しみだった、

    絵具の材料になる美しい石たち。

    上段 左:孔雀石(マラカイトグリーン:緑) 

       右:藍銅鉱(アズライトブルー:青)

    下段 左:辰砂(朱赤)

       右:赤鉄鉱(レッドオーカー:赤褐色)

    緑と青の石は特に貴重な顔料だったようです。

     

    化石コーナーでは「異常巻きアンモナイト」がたくさん。

    とっても自由奔放です(^^)

     

    鉱物も化石も、

    自然の造形の不思議は本当にいつまで見ても飽きない魅力があり、

    コレクターの方々の気持ちがわかるような気がしました。

     

    最後に「47都道府県の石」コーナーに行きます。

    京都の石は「桜石」。こんなに雅どすえ。

    大阪の石はこちら。

    「化石をさがして石灰質のジュールを割ると、

    化石とともにあたかも石の表面に白い花が咲いたような

    ドーソン石がみつかり、一度に二度おいしい思いができる。」

    のだそうです。

    他の県もそうですが、石にもそれぞれお国柄が出ているようで

    面白いです。

     

    左:愛知県「カオリン」 右:佐賀県「陶石」

    愛知県は瀬戸焼の産地ですし、

    佐賀県は日本で最初の磁器「伊万里焼(有田焼)」の

    産地なので、美術好きには見逃せません。

     

    帰りはミュージアムショップでお買い物。

    今日展示されていた鉱物の写真集を買いました。

    美しく面白い鉱物たちをいつでも好きなだけ眺められます♪

    右にあるのはハシブトガラスの卵の形の携帯クリーナーです。

    自然史博物館オリジナルグッズ♪

    面白くかつ実用的なところが素晴らしいです。

     

    最後にカフェに立ち寄り、

    「花のアイスクリーム」(容器がお花なんですね!)を

    いただき、リフレッシュして帰途につきました。

    楽しかった♪

     

    大阪市立自然史博物館「石は地球のワンダー」

    4月22日(土)から6月4日(日)まで

    開催中です。

    特別展「石は地球のワンダー」のHP

    大阪市立自然史博物館のHP

     

    にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ  

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    日本美術史を知りたい方はこちら

    京都リビングカルチャー倶楽部

       「日本美術の楽しみ方」

      第1水曜 講座ご紹介ページはこちら

    リビングカルチャー神戸

     「はじめての日本美術史」

      第1木曜 講座ご紹介ページはこちら

    西洋美術史を知りたい方はこちら

    京都リビングカルチャー倶楽部

     「西洋美術の楽しみ方」

      第2金曜 講座ご紹介ページはこちら

    コープこうべカルチャー
    「楽しい西洋美術史」

      第2水曜 講座ご紹介ページはこちら

    よみうり文化センター堺 

       「いろいろ!西洋美術の楽しみ方」  

       第3水曜 講座ご紹介ページはこちら

    近鉄文化サロン阿倍野教室

       「知って楽しい!西洋美術史」

      第2土曜 講座ご紹介ページはこちら
     

    お申し込みお待ちしております。

    にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ  
      にほんブログ村

    わさびラボー美術史・色彩講座、パーソナルカラー診断
    わさびの触角ー趣味的なブログ
    | 美術ラボ | 11:21 | comments(0) | - |
    あべのハルカス美術館「マティスとルオー」
    0

      アートナビゲーター・カラーコーディネーターの

      小林佳子です。

       

      あべのハルカス美術館「マティスとルオー」展に

      行ってまいりました。

       

      青と赤をマティスとルオーの二人の対比効果に用い、

      さらに白を加えたトリコロールで彼らの往復書簡を暗示するという、

      素敵なデザインです♪

       

      マティスとルオーは芸風がかなり違うので、

      親交があったと知った時は少し意外に感じました。

      が、絵を見ていくうちに、

      もしかしたら、全く違うからこそ、

      長く友情が続いたのかもしれないとも思いました。

       

      それに加え、二人を美術学校で指導したのがモローという、

      また全く違う系統の画家だったというのも興味深い事実です。

      自分とは違う個性をお互いに尊重する人たちだったのでしょう。

       

      個人的にはルオーの作品をまとめて見る機会は

      今まであまりなかったので、とても新鮮でした。

      よく見る絵具を厚く塗って輪郭線を黒く太く塗るのとは

      少し違う作風の絵もあり、なぜかほっとしました(^^)

       

      帰りにお土産にした絵はがき。

      表面に光沢があるので斜めから撮ってます。

      マティス「ヴェルヴ」8号表紙

       

      子供の頃から、

      マティスの色彩やデザインの感覚が

      とても好きです♪

      いつ見てもお洒落だなあと思います。

       

      にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ  

      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

      日本美術史を知りたい方はこちら

      リビングカルチャー枚方

       「テーマごとに楽しもう!日本美術鑑賞術」

        第4木曜 講座ご紹介ページはこちら

      京都リビングカルチャー倶楽部

         「日本美術の楽しみ方」

        第1水曜 講座ご紹介ページはこちら

      リビングカルチャー神戸

       「はじめての日本美術史」

        第1木曜 講座ご紹介ページはこちら

      西洋美術史を知りたい方はこちら

      京都リビングカルチャー倶楽部

       「西洋美術の楽しみ方」

        第2金曜 講座ご紹介ページはこちら

      コープこうべカルチャー
      「楽しい西洋美術史」

        第2水曜 講座ご紹介ページはこちら

      よみうり文化センター堺 

         「いろいろ!西洋美術の楽しみ方」  

         第3水曜 講座ご紹介ページはこちら

      近鉄文化サロン阿倍野教室

         「知って楽しい!西洋美術史」

        第2土曜 講座ご紹介ページはこちら
       

      お申し込みお待ちしております。

      にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ  
        にほんブログ村

      わさびラボー美術史・色彩講座、パーソナルカラー診断
      わさびの触角ー趣味的なブログ
      | 美術ラボ | 07:05 | comments(0) | - |
      京都国立博物館ミュージアムショップ「鉛筆シャーペン」
      0

        アートナビゲーター・カラーコーディネーターの

        小林佳子です。

        京都・神戸・大阪(阿倍野)・枚方・堺

        募集中!美術史講座のご案内はこちら

         

        京都国立博物館で「海北友松」展を鑑賞し

        ラ・ミューゼズで120周年特別記念メニュー「トラりんデザート」

        いただいた後はミュージアムショップで楽しみます。

         

        「鉛筆シャーペン」を購入しました。

        赤い「SAVE KYOTO」という文字とハートのマークが可愛い♪

        実はこれ、一見鉛筆風ですが。。。

         

        シャープペンシルなのです^^

         

         

        こちらの消しゴムの部分をノックすると芯が出てきます。

        こういう細かいところで

        面白グッズコレクター魂(?)がくすぐられます。

         

        この「鉛筆シャーペン」は486円、

        売上の一部が京都国立博物館の

        文化財保護活動に役立てられるそうです。

        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

        日本美術史を知りたい方はこちら

        リビングカルチャー枚方

         「テーマごとに楽しもう!日本美術鑑賞術」

          第4木曜 講座ご紹介ページはこちら

        京都リビングカルチャー倶楽部

           「日本美術の楽しみ方」

          第1水曜 講座ご紹介ページはこちら

        リビングカルチャー神戸

         「はじめての日本美術史」

          第1木曜 講座ご紹介ページはこちら

        西洋美術史を知りたい方はこちら

        京都リビングカルチャー倶楽部

         「西洋美術の楽しみ方」

          第2金曜 講座ご紹介ページはこちら

        コープこうべカルチャー
        「楽しい西洋美術史」

          第2水曜 講座ご紹介ページはこちら

        よみうり文化センター堺 

           「いろいろ!西洋美術の楽しみ方」  

           第3水曜 講座ご紹介ページはこちら

        近鉄文化サロン阿倍野教室

           「知って楽しい!西洋美術史」

          第2土曜 講座ご紹介ページはこちら
         

        お申し込みお待ちしております。

        にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ  
          にほんブログ村

        わさびラボー美術史・色彩講座、パーソナルカラー診断
        わさびの触角ー趣味的なブログ
        | ミュージアムショップ・カフェ | 07:42 | comments(0) | - |
        京都国立博物館 ザ・ミューゼズ「トラりんデザート」
        0

          アートナビゲーター・カラーコーディネーターの

          小林佳子です。

          京都・神戸・大阪(阿倍野)・枚方・堺

          募集中!美術史講座のご案内はこちら

           

          京都国立博物館「海北友松」展を見た後、

          館内のレストラン・カフェ「ラ・ミューゼズ」に入りました。

          こちらはハイアット・リージェンシー京都のお店だそうです。

           

          いただいたのはこちら。

          開館120周年記念特別メニュー「トラりんデザート」です。

          栗の甘煮と洋酒漬けフルーツが入ったパウンドケーキに、

          抹茶風味のホイップクリームと、

          トラりんがプリントされたホワイトチョコのプレートが

          添えられています。

           

          ケーキは栗がゴロゴロと入っており、

          洋酒がきいてしっとりとした大人な味わいです。

          抹茶クリームは甘さ控えめでふんわりしており、

          ケーキとの組み合わせが新鮮に感じました。

           

          トラりん柄のチョコは口どけ良くミルキー。

          ところでこのトラりん、

          実は尾形光琳の「竹虎図」の虎から取られたのですね!

          ミュージアムショップでこの絵の絵葉書を見て、

          そっくりだったので初めて知りました。

          こんなユーモラスな表情の虎を尾形光琳が描いていたなんて。

           

          そんな楽しい趣向が添えられたデザートですが、

          大人もしっかり満足できる美味でした。

           

          今度来た時はお食事をいただきたいと思います^^

          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

          日本美術史を知りたい方はこちら

          リビングカルチャー枚方

           「テーマごとに楽しもう!日本美術鑑賞術」

            第4木曜 講座ご紹介ページはこちら

          京都リビングカルチャー倶楽部

             「日本美術の楽しみ方」

            第1水曜 講座ご紹介ページはこちら

          リビングカルチャー神戸

           「はじめての日本美術史」

            第1木曜 講座ご紹介ページはこちら

          西洋美術史を知りたい方はこちら

          京都リビングカルチャー倶楽部

           「西洋美術の楽しみ方」

            第2金曜 講座ご紹介ページはこちら

          コープこうべカルチャー
          「楽しい西洋美術史」

            第2水曜 講座ご紹介ページはこちら

          よみうり文化センター堺 

             「いろいろ!西洋美術の楽しみ方」  

             第3水曜 講座ご紹介ページはこちら

          近鉄文化サロン阿倍野教室

             「知って楽しい!西洋美術史」

            第2土曜 講座ご紹介ページはこちら
           

          お申し込みお待ちしております。

          にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ  
            にほんブログ村

          わさびラボー美術史・色彩講座、パーソナルカラー診断
          わさびの触角ー趣味的なブログ
          | ミュージアムショップ・カフェ | 10:21 | comments(0) | - |
          京都国立博物館「海北友松」展
          0

            アートナビゲーター・カラーコーディネーターの

            小林佳子です。

            京都・神戸・大阪(阿倍野)・枚方・堺

            募集中!美術史講座のご案内はこちら

             

            京都での西洋美術史講座の帰り、

            京都国立博物館「海北友松」展に行ってまいりました。

             

            かなり西日が射してます。。。

             

            海北友松というと、こちらのような豪快な水墨画が

            初めに思い浮かぶと思うのですが、

            最初の看板のような繊細な描写の彩色画も良かったです。

             

            開館120周年記念特別展ということで、

            武家に生まれながら画家として活動し始めた頃から

            最晩年に至るまでの作品を網羅的に見られるだけでなく、

            人物や生涯を知る手がかりとなる古文書が多く展示されており、

            大変見応えがありました。

             

            彼の作品を見て感じるのは、

            そのスケールの大きさと繊細さが同居していることです。

            また、筆遣いに関しても、

            スピード感や大胆さと安定感(直線が全くブレない!)が

            やはり同時に存在しており、圧倒されました。

             

            しかも今遺るほとんどの作品が60歳以降に描かれたとは。。

            腹筋とか体力がとてもあって眼もすごく良くて、

            人間的にもバランスの取れた人だったのかなぁと思いました。

             

            ビデオ上映コーナーの解説によると、

            長い線を描くときには「息を止めて描く」のではなく、

            「息を吐きながら描く」のだそうです。

             

            海北友松は呼吸法もマスターしていたのだな、と

            とても納得してしまいました。

             

            帰りに買ったのはこちら。

            水墨画は素晴らしかったのですが、

            サイズの小さい印刷物だとなんだか地味で。。

            ゴールドのクリアファイルにしました。

            微妙に違う繊細な色の牡丹の花と、

            安定感のある構図が素敵です。

             

            画像下の方にちょこっと写っているのは

            一見鉛筆風のシャープペンシルです。

            こちらはまた別の記事でご紹介したいと思います^^

            ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            日本美術史を知りたい方はこちら

            リビングカルチャー枚方

             「テーマごとに楽しもう!日本美術鑑賞術」

              第4木曜 講座ご紹介ページはこちら

            京都リビングカルチャー倶楽部

               「日本美術の楽しみ方」

              第1水曜 講座ご紹介ページはこちら

            リビングカルチャー神戸

             「はじめての日本美術史」

              第1木曜 講座ご紹介ページはこちら

            西洋美術史を知りたい方はこちら

            京都リビングカルチャー倶楽部

             「西洋美術の楽しみ方」

              第2金曜 講座ご紹介ページはこちら

            コープこうべカルチャー
            「楽しい西洋美術史」

              第2水曜 講座ご紹介ページはこちら

            よみうり文化センター堺 

               「いろいろ!西洋美術の楽しみ方」  

               第3水曜 講座ご紹介ページはこちら

            近鉄文化サロン阿倍野教室

               「知って楽しい!西洋美術史」

              第2土曜 講座ご紹介ページはこちら
             

            お申し込みお待ちしております。

            にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ  
              にほんブログ村

            わさびラボー美術史・色彩講座、パーソナルカラー診断
            わさびの触角ー趣味的なブログ
            | 美術ラボ | 10:05 | comments(0) | - |
            PROFILE
            LINKS
            にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
            にほんブログ村
            Facebook
            わさびラボ

            個人

            CATEGORIES
            ARCHIVES
            CALENDAR
            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << April 2017 >>
            SELECTED ENTRIES
            RECENT COMMENT
            モバイル
            qrcode